民主党、退潮に歯止めかからず

 12日投開票された統一地方選前半戦の道府県議選や政令市議選で、民主党は軒並み議席を減らし、退潮傾向に歯止めがかかっていません。

 同党は統一選を来年夏の参院選に向けた「党再生の土台固め」と位置づけていましたが、大阪市議選では11人を擁立しながら当選ゼロに終わり、現有9議席からゼロ議席となるなど、道府県議選で前回を82議席下回る264議席獲得にとどまりました。17政令市議選でも、得票同数で14日に当選者が決まる熊本の1議席を除き、前回147議席から126議席に減らし、共産党に「野党第1党」の座を奪われています。

 民主党の枝野幹事長は13日午前、国会内で記者団に「政権を失った2012年衆院選以来、マイナスからの再出発だったので、底打ちの流れは作れた」と語りましたが、本当に底を打ったのかどうかは、来夏の参院選の結果を見るまでは分からないでしょう。党内からも、「政権を明け渡して2年過ぎたのに、何も変わっていない。回復の兆しすらない」と言う批判が上がっています。